絹を裂く

4月4日 ー 悪夢のはじまり

いやッ、やめてぇぇッ!!

おっと、思ったより抵抗するじゃないか。奥さん。
だが、それで押しのけてるつもりかい?
ククク…そそるねぇ。活きが良い獲物ほどその肉は美味いのさ‥。

“絹を裂く” の続きを読む

淫虐診療

さあ次はお尻の検査ですよ、奥さん…

触診と称し乳を嬲られ続けたルシアは、もはや体に力が入らず、令二のなすがままに床に押し倒される。

ククク…こいつで奥さんのお尻の中を隅々まで検査してさしあげますよ。

“淫虐診療” の続きを読む

イキ👄ヌキ

パパー!

幼稚園の窓越しに、私を見つけた娘、結(ゆい)が勢い良く駆け寄ってくる。

夕方と呼ぶにはまだ早い昼下がりの幼稚園。

共働きの妻に代わり、テレワーク勤務で時間の融通がきく私が娘のお迎えを担当している。

園の入り口で保母さんが娘の帰り支度をしてくれているのを待っていると、別の親が子供お迎えに来た。

あっ…

その親は私に気づくと戸惑いを含んだ表情を見せる。

“イキ👄ヌキ” の続きを読む

旦那公認・輪姦生活

日常。それは必ずしも平穏と同義ではない。私は今日も会社へ行く身支度を整え1階のダイニングへと降りる。

はあ、はあっ…あ、あなたッ、おはよ…うッ♡

そこには牛の格好で男達に輪姦されている妻がいた。テーブルの上で股を広げさせられ、男の一人がその媚肉にペニスを突き立てているところだった。

ああン あぅッ♡ ひぃんッ♡

妻は気持ちよさそうに嬌声を上げている。これが私の、私達夫婦の日常だった。


“旦那公認・輪姦生活” の続きを読む

リン♡カン獣堕ち

「オラ、鳴け!」

『んほお゛おぉぉうッ♡』

淫臭立ち込める夫婦の寝室に人妻の咆哮が響く。 男達が人妻を玩具に遊びに興じている

「知ってるか?兎ってのは年中、発情期らしいぜ、まさに奥さんにピッタリだ。」

男達に押し入られ、マワされたあの日から、彩咲ルシアは昼間の奴隷となった。


今度は猫だ!」

様々な衣装と道具で人妻を遊び尽くす、まさにルシアは男達の「人形」だった。

「どうだ俺達にマワされて嬉しいだろう?奥さん」

『はいッ、ありがとうございます〜♡』

快楽に麻痺させられた理性のまま甘い声で叫ぶルシア。

「まだ8発だ。俺達全員、満足させるまで休ませないぜ」

『ああっ、ケダモノ…』

「へばったらこのビデオを旦那に送りつけるぜ」

そう言うと男達が一斉にルシアに群がる。

『ひぃあぁぁあッ!イヤぁ、もうイキたくないッ!』

「輪姦されて牝になりな!奥さん。」

実母・娼婦堕ち

そのビデオは母が客を取らされてるものだった。
ベッドに押し倒された母は、蛙の様なポーズでコートの下をさらす。
首輪と乳首ピアスは男達の所有物にされた証だった。
全身を縛った縄は、剃り上げられた媚肉にまで深々と食い込んでいる。
母は腰を突き出し淫猥な台詞で客を誘う。それは僕の知らない女性だった

“実母・娼婦堕ち” の続きを読む

人妻サンドイッチ

「ほう、中々似合うじゃないか。」

身バレしたくない無い一心だったのだろうが、このギャル風の髪型は、この店の怪しい雰囲気に良く似合っている。令二は珍しく本心から褒めていた。


ついに人妻ルシアは、非合法クラブの地下ステージでの奴隷ショーに立たされることになった。。

衆目に晒されながらステージで見世物として犯される・・・

恐ろしさで体が震えるが、肉奴隷としての誓いをたてさせられたルシアには、もう令二に逆らうことはできなかった。

「人妻は人妻であることに価値がある。」

早々に身バレして破滅してしまっては楽しめないと考えた令二が、ルシアにヘアスタイルを変えることだけは許したのだった。

“人妻サンドイッチ” の続きを読む

聖夜失踪

スマホの中で微笑む妻。 去年のクリスマスの時の写真。 半年前に失踪し、探さないでという手紙と離婚届だけが送られて来ていた。 妻に何があったのか未だにわからない。 とそこへ突然スマホの着信が鳴る。 妻からのビデオ電話だった。 急いででると、そこには信じられない妻の姿が映っていた…。

クリスマスプレゼントだ!元旦那に合わせてやるぜ!

ゲラゲラと笑う男達とその男らに輪姦される妻

イヤぁ、あなた見ないでェ!

必死に抵抗するも、男達に犯されるうちに肉欲に支配され、次第に甘い声で喘ぎ始める。

あなたぁ…メリークリスマスぅ♡

最後にそう言うと、妻はスマホに顔を近づき、突き出した舌でスマホの通話ボタンを切った。
急いでかけ直すも二度とつながることはなかった。
妻に何があったのか、もはや知る術はない。

ラスト・クリスマス

クリスマスの仕事帰り繁華街で見慣れた後姿が視界に入る。妻だった。 例年クリスマスは夫婦で過ごすが、今年は妻が女学生時代の友人達のパーティーに呼ばれているという事で初めて別々に過ごすことになっていた。 なのにどうしてこんな所に? 私は声をかけようと妻に近づいた。

声をかけようとしたその時、妻は小走りに見知らぬ男の元へ駆け寄る。不穏な予感に動悸が速くなるのを感じる。走って暑くなったのか、それとも男に見せるためか妻はコートをはだける。胸元の開いたセーター、深いスリットのスカート、控えめな服装を好む妻のものとは思えない派手な格好だった。

「これ…クリスマスプレゼント…」 妻は愛情に満ちた笑顔を浮かべながら、その男にネックレスを渡す。

こっそり妻が男モノのプレゼントを買っていたのは知っていた。自分へのクリスマスプレゼント、可愛いたくらみだと思って気付かないフリをしていた。 しかしそうではなかったのだ…

ただの知人であってくれ。すがるように願う私の気持ちも虚しく、妻と男は人目も憚らず抱き合って口づけを交わす。 男と妻の舌が絡み合う様が見える。 男は服の上から妻の乳房を揉みしだき妻の喘ぎ声が漏れる。股間を弄られると妻は男にしがみついたままビクンビクンと痙攣しついには街中で果てた。

そのまま何も言えないまま、私は妻と男の後を付けた。そしてその先で妻の痴態を見せ付けられることになった。 クリスマスにちなんだ扇情的な衣装で男の腰の上で腰を振りたくる妻。 その美肉には男の肉棒が深々と突き刺さっている。 そしてこれが妻との最後のクリスマスとなった。

人妻牢

「そらエサの時間だ。奥さん。レアだが結構イケるぜ。』 『お願い…出して、家に帰して…』 「ククク…三食トイレ付き。オマケにセックス三昧の特別ルームだ。そのうち帰りたくなくなるさ…」 『ああ…嫌ぁ…助けてあなた…』

一か月後 「いい子にしてたかい?奥さん」 『ああっ、ご主人様ァ♡』 「まだ旦那の元に帰りたいか?」 『イヤっ、もう帰りたくない♡  ここで一生飼い殺してェ…』 「フフフ…いい子だ。  今日は旦那に送る離婚届と  ビデオの撮影だ。  尻の中を綺麗にしておきな。』 『はっ、はいッ♡』

母娘略奪

『私達はあなたのモノですッ!』

ビデオの中では見知らぬ男に交互に犯されながら妻と娘が喜悦の歓声をあげている。

「やめろ!やめてくれ!」

私の叫ぶ声が部屋に虚し響く。

『んほお゛おおぉぅッ♡!』

ビデオでは娘は肛門を貫かれ、聞いたこともない獣のような声で悶え狂っていた。

『ママァ…気持ちイイのぉ♡』

男に命じられるまま、お互いを貪り合う妻と娘。

『ああ…ママもよ…♡』

そのまま唇を重ねる二人 

「クク…さてと繋げてやるぜ奥さん」

男はそう言うと双頭バイブを2人の蜜壺にねじ込んでいく

「やめろ!親子でやることじゃない!」

私の絶叫はモニターの向こう届かない…

人妻を無理矢理犯し肉奴隷に調教し孕ませ全財産を貢がせ家の権利書も差し出させ最後は旦那の前で犯し家庭崩壊させた話- 前編

お…お帰りなさいませ…

家の玄関を開くと「妻」が出迎える。 憂いの中にも快楽への期待が見え隠れする表情は、調教中の人妻ならではだ。旦那が仕事へ出かけた後の葉竹家。入れ替わるように俺が家の玄関をくぐる。旦那は知らない。自分の家庭がすでに俺に侵略されていることを。

“人妻を無理矢理犯し肉奴隷に調教し孕ませ全財産を貢がせ家の権利書も差し出させ最後は旦那の前で犯し家庭崩壊させた話- 前編” の続きを読む