初日-3 屈服

男の肉棒がルシアの蜜壺を一気に貫く。

ルシアの歓喜の絶叫が部屋中に響き渡る。

絶頂が電気のように全身を走り、ルシアの頭は真っ白になる。

夫にしか許したことの人妻の蜜壺を凌辱者の肉棒が貫き2つの肉体は完全につながった。

男の腰の動きが激しくなり、絶頂に押し上げらそうになるルシア。

しかし、突然、男の腰が止まる。

『どうして・・』

「続けて欲しいなら、俺の奴隷(モノ)になると誓いな。」

「これからは俺をご主人様と呼ぶんだ。」

その言葉でルシアの理性が戻る。

『い、いやよ。わ・・私は夫のモノなのよ・・。』

「なら我慢比べだ。せいぜい足掻きな。」

・・・・・・・・

男はこれまで以上に指で秘所をかき回し、乳房を嬲り、唇を貪り、剛直で貫く。

しかしルシアが上り詰めようとする直前に止めてしまう。

それが何度も繰り返され、もはやルシアは限界に追い詰められていく・・・

つににルシアは夫に赦しを請いはじめる。

『あなた、許して・・私、堕ちます。』

ついにルシアは屈服の言葉を口にする。

わ、私は、

ルシアはアナタのモノです!

ご主人様ァ!!

その言葉と同時に男の肉棒がルシアの蜜壺を激しく貫き、ルシアを絶頂へと押し上げる。

これまで焦らされていた反動でルシアは 獣のような声を上げ絶頂する。

貞淑だった人妻が、肉欲に悶え狂う牝へと堕とされた瞬間だった。

腰の動きが早まっていく。男の方も既に限界が近かった。

「行くぜ・・奥さん」

『えっ⁉︎、ダメッ!今日は危険・・』

「孕めッ‼︎ ルシアッ‼︎」

男が溜まりに貯めた精をルシアの中にぶちまける。

2人が同時に絶頂の叫び声を上げながら果てた。

『ああ・・赤ちゃんできちゃう・・♡』

ルシアは自らの秘所からこぼれ出る精液を感じながら、うっとりとつぶやく。夫にすらこんな奥に大量に精を注がれたことははなかった。今ルシアは夫以外の子を孕む恐怖よりも、牝としての本能の悦びに浸っていた。