家庭崩壊絵巻 愛妻侵略

「旦那に隠れて中出しチャレンジ」
綾の堕ちてく姿を描いた裏DVDの中の一つだった。

夫婦水入らずで過ごす休日。
だが、綾は窓の鍵を開け、野外にいた男に声かける。

や、やっぱりここでは止めて…夫にバレちゃう…

いいのか、これまで撮ったDVDを旦那に送るぜ。
断れば家庭崩壊。だがバレなければ家族には
何も知られずいつもどおりの生活ってわけだ

くぅッ・・・

観念した妻は男をそのまま家の中に招き入れた。
そして夫である私の目を盗みながら、家の中で犯された。

「おい母さん、まだかい?」

『い…今…い…イクわ…♡』

当時の私は妻が侵略されているなどとは思いもしなかった。


私がソファに座ってゲームに熱中していた、そのすぐ後ろの床の上で綾は犯されていた。

(お願い、ここでは止めて…バレちゃう、バレちゃうッ…)

(クク…間抜けな旦那だぜ…すぐ後ろで妻が犯されるのに気づかないなんてよ…)

(ああッ…怖いのに…怖いのに…気持ちいいのぉ…♡)

(ああ来るッ♡…あっ…ああッ、んーッ!)


(ふぅぅぅんーッ!)

妻の体がビクビクッと震え絶頂を迎える。
っおして、そのまま男と床で抱き合ったまま唇を吸い合い、舌を絡ませる。

(ん‥ちゅぅ…お願い…もっとぉ…♡)

(クク…旦那にバレるぜ)

(もう夫にバレてもイイ…綾はあなた達のオンナです…)

再び二匹の獣が、互いの体を貪り合い始める。


「ヨシ!クリアー!」

映像の中の私がコントローラーを握りしめて叫んでいた。すぐ後ろでは妻と男がシックス・ナインで互いの敏感な部分を舐めあってるとも知らずに


カウンターキッチンで料理を作ってる妻にリビングから私が声をかける。

「いつもありがとう。愛してるよ」

『私もよ、あなた』

しかしその時も台所の死角には男が潜んでいた。

ぐちゅ ずちゅっ ぬっぷぅ

(ククク…夫婦の絆なんて‥脆いもんだな)

男が綾の下半身を弄りながら嘲る

『ああン♡ もうッ鬼畜ゥ…♡』

妻がカメラに向かって淫猥に微笑んでいた。