家庭崩壊絵巻 愛妻失踪

「あ…綾…」

突然離婚届を送りつけ失踪した妻…
探偵からの調査報告には、いかがわしいショーで体を売る妻の姿が映っていた…


この目で真実を確かめるべく変装し妻の出てるショーに客として潜り込んだ、そこにはステージの上ではアナルビーズを脚で引き抜きながら喜悦の声をあげる妻がいた。

『ああッ、死んじゃう、死んじゃうぅッ♡』

それは妻が快楽に感極まった時だけに口走る言葉。私が最後に聞いたのは10年以上も前だった。息子が生まれてから夜の営みは減り、ここ数年は途絶えて久しかった。互いにもうそんな年では無いから。そう話したこともあった。


「お゛おおほぉうッ♡』

ステージでは妻が客に肛門を貫かれて啼いていた。

ああ…綾… 君はそんな所を犯されて喜ぶんだね
君はそんな声で啼くんだね…
そして君はまだ「女」だったんだね
十数年、一緒に暮らしていたのに僕はまるで知らなかったよ…
どんな経緯で君がこうなったのかはわからない…
でもこれだけはわかる。
君は今、幸せなんだね…


『許してェあなたァッ!』

初めて犯す妻のアナル。 客として一晩妻を買った。
雇った探偵と入れ替わったことに、あの男達も気付きはしなかった。

狼狽する妻の口を塞ぎ、欲望のままに不浄の菊花を犯す。


肉の悦びに悶える妻の姿は今まで見た中で最も淫らで、そして美しかった


その後、私は離婚に同意した。だが 息子の優は納得できないようだった。
探偵を通じて、あの男達が上客だけに販売してる綾の裏DVDシリーズを買い続けている。


今回は、この自宅で綾が調教された時のものだという「見ないほうが・・」探偵はそう言っていた。


ビデオの中では、綾が私のいるすぐ側で男に尻を差し出していただ

ああ‥綾、ちっとも気づかなかったよ。
君はこうやって堕とされていったんだね…

「おーい、母さんどこだい?」

ビデオの中の私が妻を探して読んでいる。

もういないよ…

私は静かに呟いた。