家庭崩壊絵巻 熟母牛姦 その3

幾度もの絶頂についに母が気を失い、狂宴も終わりと思われた。

しかしそこから僕は本当の絶望を知ることになる。

せっかくのお客様を退屈させちゃわるいから。上映会といこう。

男がそう言うとステージのスクリーンに映像を写し始める。

「そんな‥これは僕の部屋だ…」

スクリーンに映し出されたのは僕のベッドの上で尻を振る母の姿だった。

“家庭崩壊絵巻 熟母牛姦 その3” の続きを読む