About My Doll

My doll is a head and body are different products.

This Body is Evoke Doll (made in Chiina).

http://evokedoll.com

I purchased the Evoke Doll through a Japanese importer.

http://from-sen.com/shopdetail/000000045448/ct544/page1/order/

(Options: normal skin & wires in fingers)

The body alone cost about $1000.


The Head is Dollfie Dream.

https://dollfie.ec.volks.co.jp/

The heads for my dolls, Lucia and Aya, are customized doll heads called DDH-07 from Dolfie Dream.

https://dollfie.ec.volks.co.jp/item/4518992431109.html

If you want to get a doll head of your own choice, you will have to ask a dealer who does doll head customization or look for one on Yahoo Auctions.

https://auctions.yahoo.co.jp/search/search?p=dd&auccat=2084241345&va=dd&exflg=1&b=1&n=50

The person in the link below is the dealer who made my doll, Aya.

It will cost you at least a few hundred dollars, and you don’t know if the dealer will accept your request.

It should be noted that a 60-70cm doll costs over $1600.
In spite of this, the body is not very durable, and if you play with it normally, one of the wires in the core of the body will break within a year. The neck always breaks, followed by the shoulders, ankles, knees, and so on. In other words, the body should be considered expendable. However, if you don’t change poses frequently, the life of the wire will be longer.

And the eyes, hair, and costume are sold separately.
This body is larger than a normal 1/3 doll, so you will have a hard time finding clothes to dress her in. (You can often find a jacket for a male doll called 70cm doll.

Here is a link to where you can buy them. (However, the clothes they sell may not always be able to fit this body)

http://en.leekeworld.com/category/e-89inch/57/

https://aimai-middle.booth.pm/items/1752326

https://dollfie.ec.volks.co.jp/category/D_FASHION.html?select_category_button=D_FASHION&search_type=header_button

家庭崩壊絵巻 熟母牛姦 その3

幾度もの絶頂についに母が気を失い、狂宴も終わりと思われた。

しかしそこから僕は本当の絶望を知ることになる。

せっかくのお客様を退屈させちゃわるいから。上映会といこう。

男がそう言うとステージのスクリーンに映像を写し始める。

「そんな‥これは僕の部屋だ…」

スクリーンに映し出されたのは僕のベッドの上で尻を振る母の姿だった。

“家庭崩壊絵巻 熟母牛姦 その3” の続きを読む

【母・廃業】 前編 ③ – 母屈服 –

「どうした奥さん。来いなんて一言も言っていないぜ?」
そのビデオには毒々しい紅色の光に彩られた妖しい部屋の入り口に立つ母が映っていた。
『ここに居るってメールが…だから…』
「なに、しばらく連絡してなかったからな。それだけさ。」
『……あ……あなたは卑怯だわ…』

“【母・廃業】 前編 ③ – 母屈服 –” の続きを読む

【母・廃業】 中編 ③ – 断罪 –

羽山達が撮っていた母の調教ビデオを全て見終わり、しばし僕は放心状態だった。

しかし部屋に立ち込める腐臭に気づく。それはPCの横に置きっぱなしにしてある羽山の人差し指からだった。動画を見ていた丸一日以上も放置してあったのだから切り口から腐り始めるのも当然だろう。

“【母・廃業】 中編 ③ – 断罪 –” の続きを読む

春編-2 浣腸屈服

いいだろう、だが代わりに浣腸の罰だ。壁に手を付きな。

鍵を渡さなくて済むのであれば・・ルシアは言われたとおり壁に手をつく。

「すぐ旦那の所へ返してやるさ。コイツを注いでからな。」

そういうとバッグから浣腸器を取り出し、ルシアの肛門に突き刺す。

「今日は趣向を変えて牛乳浣腸だ。奥さんの後を付けてたついでに買っといたのさ。」

やはりこの男は朝からずっと自分を付け狙っていたのだ。令二の執念にルシアは背筋が寒くなった。

「さあ、浣腸してもらう時には何て言うんだ?奥さん。」

あの調教の夜、浣腸の度に無理矢理何度も言わされたセリフ。それをまた言えというのだ。あまりにも屈辱的なあの言葉を。躊躇うルシアに令二が冷酷に告げる。

「浣腸を倍にしてやろうか。奥さん」

ルシアは観念し、あの言葉を口にする。

“春編-2 浣腸屈服” の続きを読む

※この物語について

Twitterでドール写真と一緒に投稿してたストーリーを再編集して繋げたものです。

そのため色々と矛盾してる部分があります。物語も写真も。(写真はイメージね。)

この話はフィクションです。ファンタジーです。妄想です。
転生モノと同じレベルで現実とは何の関係もありません。

“※この物語について” の続きを読む