肉母哀歌3.1’ 鮮血のバスルーム

私はその場から動けず、妻と男の情事を眺めるしかできなかった。

どれぐらいそうしていただろう、突然風呂のドアが開く

「ガラス越しじゃ物足りないだろう?」

男は不敵な笑みを浮かべながら妻を腕に抱いていた。
この女はもう俺の物だという自信に満ちた笑い。

“肉母哀歌3.1’ 鮮血のバスルーム” の続きを読む

肉母哀歌3 絶望のバスルーム

家に戻ると浴室から大きな音がする。中から綾と見知らぬ男の声…

私は震える手でに脱衣所のドアを開けて中に入る。気づかれぬよう洗濯機の陰に潜み、浴室の中の様子をうかがった。浴室のガラス越しに妻の肢体が浮かんだ。

私は会社を早退した、一刻も早く妻に確かめなければ…

“肉母哀歌3 絶望のバスルーム” の続きを読む

About My Doll

My doll is a head and body are different products.

This Body is Evoke Doll (made in Chiina).

http://evokedoll.com

I purchased the Evoke Doll through a Japanese importer.

http://from-sen.com/shopdetail/000000045448/ct544/page1/order/

(Options: normal skin & wires in fingers)

The body alone cost about $1000.


The Head is Dollfie Dream.

https://dollfie.ec.volks.co.jp/

The heads for my dolls, Lucia and Aya, are customized doll heads called DDH-07 from Dolfie Dream.

https://dollfie.ec.volks.co.jp/item/4518992431109.html

If you want to get a doll head of your own choice, you will have to ask a dealer who does doll head customization or look for one on Yahoo Auctions.

https://auctions.yahoo.co.jp/search/search?p=dd&auccat=2084241345&va=dd&exflg=1&b=1&n=50

The person in the link below is the dealer who made my doll, Aya.

It will cost you at least a few hundred dollars, and you don’t know if the dealer will accept your request.

It should be noted that a 60-70cm doll costs over $1600.
In spite of this, the body is not very durable, and if you play with it normally, one of the wires in the core of the body will break within a year. The neck always breaks, followed by the shoulders, ankles, knees, and so on. In other words, the body should be considered expendable. However, if you don’t change poses frequently, the life of the wire will be longer.

And the eyes, hair, and costume are sold separately.
This body is larger than a normal 1/3 doll, so you will have a hard time finding clothes to dress her in. (You can often find a jacket for a male doll called 70cm doll.

Here is a link to where you can buy them. (However, the clothes they sell may not always be able to fit this body)

http://en.leekeworld.com/category/e-89inch/57/

https://aimai-middle.booth.pm/items/1752326

https://dollfie.ec.volks.co.jp/category/D_FASHION.html?select_category_button=D_FASHION&search_type=header_button

旦那公認・輪姦生活

日常。それは必ずしも平穏と同義ではない。私は今日も会社へ行く身支度を整え1階のダイニングへと降りる。

はあ、はあっ…あ、あなたッ、おはよ…うッ♡

そこには牛の格好で男達に輪姦されている妻がいた。テーブルの上で股を広げさせられ、男の一人がその媚肉にペニスを突き立てているところだった。

ああン あぅッ♡ ひぃんッ♡

妻は気持ちよさそうに嬌声を上げている。これが私の、私達夫婦の日常だった。


“旦那公認・輪姦生活” の続きを読む

母娘略奪

『私達はあなたのモノですッ!』

ビデオの中では見知らぬ男に交互に犯されながら妻と娘が喜悦の歓声をあげている。

「やめろ!やめてくれ!」

私の叫ぶ声が部屋に虚し響く。

『んほお゛おおぉぅッ♡!』

ビデオでは娘は肛門を貫かれ、聞いたこともない獣のような声で悶え狂っていた。

『ママァ…気持ちイイのぉ♡』

男に命じられるまま、お互いを貪り合う妻と娘。

『ああ…ママもよ…♡』

そのまま唇を重ねる二人 

「クク…さてと繋げてやるぜ奥さん」

男はそう言うと双頭バイブを2人の蜜壺にねじ込んでいく

「やめろ!親子でやることじゃない!」

私の絶叫はモニターの向こう届かない…

【母・廃業】 前編 ① – 母凌辱 –

もうどれぐらいこうしているのだろう。
電気すらつけてない真っ暗な部屋。PC画面の光だけが周りを照らしている。
PCで再生してる動画からは女性の喘ぎ声と、時折男の下卑た声が流れている。
僕は激しい感情に揺さぶられながら、何時間もその動画を見ていた。

“【母・廃業】 前編 ① – 母凌辱 –” の続きを読む

【母・廃業】 前編 ③ – 母屈服 –

「どうした奥さん。来いなんて一言も言っていないぜ?」
そのビデオには毒々しい紅色の光に彩られた妖しい部屋の入り口に立つ母が映っていた。
『ここに居るってメールが…だから…』
「なに、しばらく連絡してなかったからな。それだけさ。」
『……あ……あなたは卑怯だわ…』

“【母・廃業】 前編 ③ – 母屈服 –” の続きを読む